たーさんブログ

自分の人生を再構築したがっているおっさんのつぶやき

働かなくてもいいんじゃない

こんにちは

またまた懲りずに「ブログご無沙汰」してしまったたーさんです。

 

 

退院してからも、相変わらず人にこき使われるのが好きな私は、

たぶん「療養」という言葉を知らないのでしょうね。

職場で周りから、

「休めばいいのに」

という言葉を何度かけられたことか。

それでも笑顔でスルーして、早朝から夜遅くまで働いていました。

 

 

そんなに仕事をしてしまうのはなぜ?

入院していて凝り固まった体をほぐすために動きまわっていたのでしょうか?

いいえ。

ただ自分が休んでいる間に、どれだけ仕事が進んでしまっているのか、

自分が職場で忘れられた存在になっていないか、心配だっただけなんです。

 

 

正直自分がいなくても仕事はいつも通りこなされていました。

「自分がいなかったから、みんな大変だったでしょ?ごめんね!」

と言えるような雰囲気では全くありません。

むしろ、患部にガーゼを巻いて、いかにも「退院したばかりです」風の私の姿を見て

「もう少し休んでいていいんですよ」

「特に仕事ありませんから、やっておきますから」

と言われてしまうばかり。

(なんだよ、俺の今までの立場は何だったの?寂しいじゃんかよ)

(せめて、「いなかったので、仕事のこの部分ができなくて困っていました」くらい

言ってくれてもいいのに)

と思ってしまうのは、私のわがままでしょうか。

 

 

そうなんです。自分がいなくても職場は困っていません。

病人が仕事をする場所ではないんです。

インフルになっても、みんな平気で休みます。

ここはそういう意味ではいい職場です。

まあ、そりゃ、うつされたりしたら嫌ですもんね。

だから、今回も退院翌日から職場に顔を出さなくても本当はよかったんです。

 

 

でも、みんなと同じことをしないと不安になる日本人だからか、

退院後も休み続けていると陰口をたたかれるのが怖い小市民だからか、

1日でも賃金が減ると食べられないくらいお金に困っている貧乏人だからか、

退院翌日からほぼ3週間経った今まで、仕事に邁進していました。

だから、疲れています。

 

 

そのうえ、仕事をしていると自分の時間がありません。

仕事で疲れると、帰りの電車の中で寝てしまい、

夜ご飯を食べてすぐに寝てしまいます。

結局、自分の時間はほぼありません。

 

おいおい!

入院中に考えていたんじゃないかよ!

癌だから、

残りの人生時間は限られているんだから、

自分の好きなことをする時間を作るために、仕事をやめようって。

たしかに、病室のベッドに寝ていたときは、そんなことを考えていました。

たしかに、自分の人生計画について、考える時間があったのです。

 

 

しかし、退院していつものように時間に追われる日常に戻ると、

そんなことを考える暇はありません。

「自分の時間を作ってなにをしようか?」

なんて考えるよりも、次から次に仕事を与えてもらう方がいちいち考えなくていいので

楽なんです。反射で動いてしまっているのです。

これって、敢えて考える暇を作らないようにしているのでは?

 

 

自分の今いる場所はいい職場なので、一応は人間らしく仕事をすることはできます。

それに、年齢的に上司に当たるので後輩に仕事をやっておいてもらうこともできます。

しかし、私の悪いところ、生まれつきの性格でダメなところは、

自分で仕事をやらないと気が済まないというところにあります。

やらないと心配になり、結局仕事でパンク寸前までいって、全然人間らしい生活を

送れていないのです。

 

 

どうすればいいんだろう?

これって自分が悪いんだよね。

このまま行くと、自分にとっては何もせずに、こき使われて病気で死んでしまうよ。

そう言えば、前の職場もこき使われすぎてやめたのではなかったのですか?

 

 

「無理しないでね」

とよく言われます。

それって、自分が楽しそうに働いていないからなのかな?

楽しそうに働けていないお父さんは、家でもいつも疲れた顔をして、すぐ部屋に

閉じこもってしまいます。

会話をする元気もないのでしょう。

 

 

その姿をみた子どもたちは、なんと思うでしょうか?

「ああ、大人ってつらいんだ。」

「仕事って大変なんだ。」

そして、

「大人になんかなりたくない。仕事なんてしたくない。」

「勉強をやっても、ちっともいいことない。」

子どもたちはそう思って、暗い将来を嘆くのではないでしょうか?

 

 

周りのことなんか気にしなくていいんです。

自分がやらなくていいような仕事は人にまかせましょう。

そして、

自分がしたい仕事、自分が楽しんでいること、そして自分の健康、

つまり、まずは自分自身を大事にしようと思います。

そして、それが家族や周りの人たちにいい影響を与えることになればいいんです。

 

 

3週間仕事をしてきましたが、手術前とはちょっと違う思いを持ちました。

忙しい毎日の中でも、少し立ち止まって、

「自分はこのままでいいのだろうか?」

と振り返ることが大事。

1日の中で少しでも考える暇を作り、

そこから自分の時間へと発展させて、

そして自分で何かを創造することをめざそうと思います。

 

 

頭を使ってね!

そして、体にいいことをしよう

 

 

 

 

 

今日退院!ありがとう、病院食!!

こんにちは。

今日で入院生活7日目...となるところが、

昨日の夜病棟に主治医がふらっとやってきて

「明日でも退院大丈夫ですよ」

だって。

 

おいおい、うれしいけど...

 

うれしい!

 

まあ、もうそろそろだろうな、とは思っていましたが、

まさか今日でいいとは。

「この退屈な日々ともおさらばじゃあ」

 

というわけで、本日めでたく退院してきました。

そんで、自宅に直行。

 

そして、

そして、

お昼にラーメンを食べてきました。

「うまーーーい」

でも、すごく感動したわけではありませんでした。

(そんなに体が欲していないのかな?)

 

 「やっぱ、1週間毎日病院食だったから、ラーメンがうまいと感じるでしょう」

って、期待して質問してくるんですが、

むしろ1週間食べ続けると、いかにも健康にいい食事が当たり前になり、

ちょっとしたおかずと野菜と汁ものと白いご飯、そして最後にフルーツだけで

満足できる体になってしまったようです。

 

退屈な入院生活で、1日3度のこのお食事がすごく楽しみでした。

 

f:id:gota0620:20191029180733j:plain

 

 

1週間病院食を続けると、いくつかの点で自分の食事に対する姿勢が変わりました。

 

①おかわりができなくなりました

今までは、普通の人が食べる食事のボリュームに、さらにもう一回りかぶせていました。

まあ、それが間違いなく「太る原因」だったわけなんですが、

病院食になってから、その量でがまんできるようになってきたのです。

 

最初のころは、メインのおかずが一品しかないとか、ご飯茶碗が上げ底だとか、

酢の物が酸っぱすぎるとか、デザートのバナナは半分でなく1本にしてほしいとか、

心の中でクレームの嵐でした。

 

しかし、一発目の食事を運んできたナースマン

「少ないっすよね。でも、みなさん慣れるみたいですよ。あとやせられますよ」

って、笑いながら言われて、

「そうか」

と、納得してしまいました。

仕方がないというあきらめの気持ちをもって、しばらく食べていると、

意外に結構満腹になるもんです。

 

今まで、低糖質と言いながら白いご飯を抜いて、その分春巻きとか餃子とか

量を増やして食べていました。

(全然低糖質でないじゃん(ツッコミ))

しかし、白いご飯一杯に、煮魚と汁ものとおひたしとかで全然十分です。

 

今まで、うちの相方に、おかずの種類をたくさんお願いしていたから、食事を作らなくなってしまったのかな。

(テーブルの上にいっぱい皿を並べて居酒屋風するのが好きなもんで)

なんて、思ったりもします。

 

たぶん、1週間この量で生活してきて、だいぶ胃の大きさも小さくなったと思います。

今日の昼のラーメンも、いつもなら ”全部のせ” という感じなんですが、

普通サイズの半分で結構十分でした。

 

この入院生活で、体重はさらに2kg減って、家族にもびっくりされています。

健康にいい食事は、白米を食べていてもやせるんだなと思いました。

低糖質にこだわりすぎるのもどうかと。

 

②食事に集中するようになりました

これまで、食事をするときは、テレビを観ながらとか新聞読みながらとか、

酒のつまみにとかでした。

しかし、食事が楽しみになってきて、そしてそれ以外にすることがないと

自然に食事に集中しちゃうんです。

 

「今日のお魚の味付けは何かな?」

「この汁、さつま汁って言うんだ」

「ごはんに梅干しだけでも、美味しい」

食事に対する感想がこれだけ出てきたことって、ここ最近ありませんでした。

 

なんとなく「ながら」で食べていて、口の中にどんどん押し込み、

気づいたら皿が空。

食事の素材や味付けとかよりも、テレビの内容の方が印象に残っているという感じ。

口の中に次々に物を入れるので、結局なんの味かわからない状態でした。

そんで、飲み込んで終わり。

 

でも、この数日間は、一つの素材がきちんと咀嚼されて食道に落ちるまで、

次のものを口に入れない。

(だって、量が少ないんだもん)

という食べ方をしていたら、一つ一つの味付けがよくわかるようになったし、

(今まで、どんだけ味付けに鈍感だったか?!)

白いご飯にも味があるんだということがわかったし、

少ないと思っていた量でも満腹になるようなったし、

 

そして、食事に対する感謝みたいなものが芽生え始めました。

 

こうやって、食事を味わって美味しく食べれるのは、自分が健康だからだし、

朝から夜まで厨房で一生懸命に食事を作ってくれる人がいるからだし、

さらには、

一つ一つの素材を育てたり、採ったりしてくれる人がいるからなんだと。

 

③体調がよくなりました

(お食事中の方はすみません)

実は、毎日快便だったのです。

 

低糖質を始めてから、便秘気味でした。

あるいは、ジャンクフードを食べているときも便秘気味でした。

お酒を飲んだ翌日は、下し気味でした。

 

それが、病院食になってからほぼ毎日、それも1日2回。

胃腸の動きがよくなったのでしょう。

毎日3度、決まった時間に、決まった量を食べる。

バランスのとれた食事内容と、その際にいただく熱いお茶

それだけなんですけどね。

これも体重減少につながったのかな。

 

自分の体は、自分が食べているものによってつくられる

自分の健康は、何を食べているかによって決まってくる

 

病院食って、まずいというイメージがありました。

いやいや、そんなことはないです。

今までの食事が、ある意味贅沢すぎていたし、濃い味付け、過剰な量が自分の体に余分な負担を与えすぎていたのです。

病院食はおいしかったし、それ以上に自分の体に大きな変化を与えてくれました。

食事に対する姿勢も大きく変わった気がします。

 

さて、明日からまた仕事。

でも、その合間の食事も、しっかり考えて、そして味わって摂っていこうと思います。

そうすることで、自分の病気も治ってしまうような気がしています。

では。

 

 

入院も、長くかかると、歩けない

こんにちは。

 

入院してから6日目、明日で1週間です。

こんなに入院したのは久々。

昔、子どものころに扁桃腺の手術をしたときに2週間入院したとき以来です。

40年ぶりですかね。

 

昨日の記事で「暇すぎて、暇すぎて」をアピールしまくって、すみませんでした。

おかげで、入院中に本を6冊読破。

あとスマホゲームの「ラストシェルター」の基地レベルを

無課金で10まで上げることができました!

(「だから、何だよ!!」って感じですよね)

 

というわけで、このままでは「病院引きこもり」状態になってしまうので

散歩していました。

筋トレとかも傷口が痛くてできないので、散歩です。

(それと、昨日の記事のid:metrocrossさんのコメントにも刺激されました。こういうときこそ積極的にベッドの前のカーテンを開けて、病室から外にとび出さないとですよね!)

 

しかし、これが意外と大変。

ただ歩くだけなんですけど...

病棟内、たとえば病室から面会ラウンジまでとかなら普通に歩けました。

しかし、今日は前述の昨日の記事のコメントを受けて、外来の方までとか、

玄関横の喫茶店とかまで歩いてみました。

いやいや、大変です。

この数日間のベッド上生活でどんだけ筋力低下したか。

 

平地を歩いていると、まず左の足関節が痛み出してきたんです。

途中、痛そうに足首をまわしていたら、通りがかりの看護師さんに

「大丈夫ですか?」と声をかけられてしまいました。

ちょうど横が偶然にも整形外科外来と書いてありました(笑)。

 

それ以上に、膝が抜けてきたというか、なんかしっかり膝に力が入らないんですよ。

脚力が思い切り低下しています。

これ以上長い距離を歩くと、帰りは車いす状態になってしまうかも。

とりあえず喫茶店でアイスコーヒーとか頼んで、休みました。

 

いやいや、こんなことで筋力って落ちていくんだなとまじまじと感じました。

定年で仕事辞めて、家で朝からゴロゴロしながら新聞読んだり、テレビを観たり、

そんな生活を送っていると、あっという間に歩けない人生になってしまいそうです。

 

自分もあとどんだけ生きられるかどうかわかりませんが、

せめて残った人生くらいは、姿勢よく自分の足で歩きたいもんです。

 

ポケットに入れてあったスマホの万歩計みたら、この散歩で何歩歩いたと

思いますか?

 

f:id:gota0620:20191028153538p:plain

 

恥ずかしい限りです。

今までだいたい1日6000~8000歩歩いていましたから。

今日2000歩でガクガク。昨日はいったいどんだけ歩いたんだ?

 

この数日間の減退した体力を取り戻すには。まだしばらくかかりそうです。

 

ただその前に退院はいつになるのやら。

傷はまだ痛いし...

 

いつかは下の写真の階段を昇り降りしたいです。

f:id:gota0620:20191028154207j:plain

エクアドルの「悪魔の大釜」という世界3大危険な階段の一つです。

行ったことある人いますか?

 

それまでに体力をつけようっと!

暇すぎて暇すぎて、何をすればいいの?

こんにちは。

入院生活って、すごく暇なんです。

 

朝6時に起こされて、8時、12時、18時に食事。

そして、消灯は夜9時。

15時間の間、3回程度検温と朝と夕方の2回回診があります。

検査があれば、その間時間をつぶせますが、土日は完全に医者も休みなんで

ほんと暇になります。

 

f:id:gota0620:20191027133645j:plain


 

昨日からやっとシャワーを浴びれるようになり、体はスッキリしました。

しかし、それ以外の時間はどうしたら...

頭の中はモヤモヤしっぱなしです。

 

本を何冊か持ってきていたので、それを読んでました。

あとKindle Fireを持ってきていたので、ポータブルWiFiに接続して

何冊か漫画をダウンロードして読んだり、

スマホでゲームやったり、Twitterを眺めていたり...

でも、どれも長続きせず、すぐにやめてしまいました。

 

 

家族には

「寝ていれば!せっかくの休みだと思って。」

と言われますが、昼間から寝ているのはどうかと。

病棟内を看護師さんが一生懸命に動き回っているのに、自分だけカーテン閉めて

イビキかいているのもどうでしょう。

 

それ以上に、ベッド上の生活が続いているので、腰が痛くてたまらん。

 

というわけで、筋トレをしようと、ベッドから降りてスクワットしていました。

いや、やるもんじゃなかった。

傷口が痛い、痛い。

今まであまり痛くなかったのに、なんで?

ジンジンしている。

 

たまたま巡回している看護師さんに、正直に言いました。

「スクワットやったら、傷口が急に痛くなってきて...大丈夫でしょうか?」

看護師さんが心配そうに傷口をみて、

「傷は大丈夫そうですよ。急に血液の循環がよくなったから、負担がかかったのでしょう。様子見て、痛みが今晩も続くようなら、教えてください。一応、当直医には申し送っておきますので。」

と返事。

笑顔だったので、自分も安心してしまいました。

(笑顔は万国共通の安心の印なんだな)

 

無理な筋トレが傷口に負担をかけてしまうのは、普通わかりそうなんですが、

自分の場合は暇すぎて頭の中も休日状態、やはりボケていたのでしょう。

 

結局久々に痛み止めを飲んで、ベッドの上でボーっとしていました。

 

普段の生活に戻るには、まだ時間がかかりそうです

 

ちなみにみなさんだったら、これだけ時間があったら、何をしていますか?

 

入院生活で感じた贅沢

こんにちは。

入院生活は5日目に突入。

退院は週明けになりそうと言われました。

うれしい反面、あと3日もあることを考えるとうんざり。

 

幸いにも、悪い病変をとってしまえば、一応今回のミッションはコンプリート。

あとは巻かれたガーゼがはずれないように注意すればいい。

もし、ガーゼが不注意ではずれてしまって感染でもしたら、完全にOMG(オー・マイ・ガット)。

 

f:id:gota0620:20191026105759j:plain


 

うれしいことに 今朝からシャワー解禁に。

(やったー!)

とにかく、体の汗を流したいわ、頭を洗いたいわで、ここ数日で一番うれしい。

たしかに、昨日話題になったボディシートもよかったけど

シャワーに比べたら全然爽快感が違いますよね。

 

傷の上に透明な防水シールを貼って、そして一浴び。

数日ぶりに頭も洗えて気分は最高。

本当はシャンプー2度洗いしたかったんだけど、傷口が濡れてしまわないか心配で

早々に出てきてしまいましたが、

それでも地獄から這い戻ってきたような感じです。

(残念ながら、湯舟に浸かっていないので天国とまではいきませんが)

 

それにしても、この入院生活で思ったことは、

入院をすると、普段の生活が大部分制限されてしまうということでした。

ただでさえ、病気になって不自由が出ていたのに、さらにです。

 

服を着替えたりとか、入浴をしたりとかはもちろん、

仕事も趣味も、好きなものを食べたりすることも制限されてしまいます。

朝6時には起こされ、夜9時には電気を消されてしまいます。

回診とか検温とか、あと検査があるので、その時間には病室にいることが

原則となっています。

(なんか監獄につかまっているみたい)

 

だから、時々脱走する患者がいるみたいです。

検査に呼ばれる時間になっても病室にいない。

だいたい1時間くらい後になって戻ってきて、

話を聞くと1階の喫茶店でずっと時間をつぶしていたとのこと。

だいたい1回でもこういうことがあると、要注意人物としてブラックリスト

載ってしまいます。

その人が出ていこうとすると、スタッフが追いかけてきて注意をするのです。

そして、それでも言うことをきかない人は、最終的にベッドの横にセンサーマットをつけられてしまいます。

センサーマットは患者がベッドから降りて踏んだ瞬間に、ナースステーションでアラームが鳴り、スタッフがかけつけるというものです。

おそらく、それをつけられている人は残念ながら頭の病気と思われています。

(本当に頭の病気かそうでないのか、真意はわかりませんが)

 

だから、自分の場合はナーステーションの前を通ってコンビニまで行くときは、

思い切りの笑顔で看護師さんに挨拶します。気づいてくれるように。

(キモい人と思われているかもしれません?!)

 

さて、こんな生活が今日で5日目。

こんな状況でも、一応生活できています。

家での生活とはガラリと変わって不自由ですが...

 

今までどんだけ贅沢してきたことか。

それでも、多少制限されているだけですごく不自由に感じてしまうのは、

ほしいものがお金を出せば何でもそろう時代に生まれたせいでしょうか。

 

でも、よくよく考えると、平均寿命が短かった昔と比べると、

今の自分はまだ贅沢なのかもしれません。

がんが不治の病だった時代なら、たぶん自分の人生に絶望していたでしょう。

でも、こうして病変をとってしまえば終わり、後は画像を撮って経過をみましょうと

言われて、元の生活に戻れる自分はなんて贅沢なんだろう。

 

 

そんな幸せ感をかみしめながら、今ブログを書いてします。

 

 

 

 

入院していて困ったのは?

こんにちは。

まだ生きています。

 

入院してから4日目、手術が終わってから3日目。

まだ傷口は痛いけど、最初の半分以下に抑えられています。

もちろん、痛み止めは毎日飲んでいますけど。

それでも最初1日3回だったのが今日から1回に挑戦しようと思います。

 

今一番つらいのは、風呂に入れないこと。

病室はほかの患者さんのこともあり、冷房を効かせられません。

汗っかきの自分としては、少しでも涼しい場所にいたいんですけど、

どこにもエアコンなんぞありません。

気づいたら汗だくになっているんですけど、まだ入浴禁止!

 

仕方ないから、1日1度配られるおしぼりと

売店で買ったメンズビオレのボディシートを使っています。

このボディシートって冷却効果もあり、何度拭いても気持ちいい。

 

f:id:gota0620:20191025094712j:plain


 もちろん、これだけ自分のにおいに気をつかっているのは、

毎日回診があり、その都度傷口を消毒していただくからです。

(この消毒を包交(包帯交換の略)と言います。別に自分は包帯を巻いていなくて

ガーゼを当てているだけなのですが、それでも先生たちは包交と言っています)

胸のところにも傷があるので、結構自分の体に先生たちは顔を寄せてきます。

(当然意図していなくても、においを嗅いでいると思います)

だから、自分の体臭ケアには気をつかいます。

 

あとひょっとしたら、自分のファンの女の子が突然顔を出すかもしれません。

そんなとき、ひどいにおいを発していたらまずいでしょう。

(妄想もいい加減にしろ!)

でも、汗をかかない体になりたい!

 

さあ、今日も時間を無駄にしないようにして生きていこう!

 

 

 

 

手術は怖いし、そのあとは痛い

こんにちは。

 

入院生活は今日で3日目です。

昨日は手術でした。

一応、無事終了とのお話を主治医からいただきました。

(よかった!!)

 

ただ、悪いものが全部とれているかどうかは、病理組織検査の結果を

待ってから判断するというわけで、

まだすべてが終わったというわけではないそうです。

 

つまり、見た目に悪いところよりも、がん細胞は細胞レベル(肉眼で

わからないレベル)で遠くまで進行している可能性があるので、

最終的に顕微鏡で観て大丈夫かどうか診断するということでした。

 

でも、そんなことより痛いことが終わったというのがうれしい。

 

やはり、自分の体にメスを入れるというのは、人生の中でも

特に大きな出来事なんだな

とあらためて思いました。

いわゆる「一大事」ですね!

 

f:id:gota0620:20191024073512j:plain

 

自分の立場(医療従事者なんです)ではいつもやっていることですし、

見慣れた風景のはずが、

いざ患者になってベッドに寝ながら仰向けで手術室に入ると、

いつもと全く異なる風景が。

天井やランプ、そして看護師や医師を下から見上げる形になります。

これって新鮮だけど、正直やはり不安になりました。

 

横で大きな音がしても、振り向くことができない

(何か器具を落としたのだろうか?)

 

医師が、私の腕に点滴を入れる際に

「チクッとしますよ」

と言ってから、腕に痛みを感じるまでにタイムラグがあると

見えないので、妙に緊張します。

(たぶん、血管の走行をもう一度確認したんだよね)

 

医師と看護師との会話

「先生、これでいいんですか?」

「いや、それはダメだろう。誰だよ、こんなことしたのは?」

「危なかったですね」

(おいおい、こんなことってなんですか?手術大丈夫かしら?)

 

天井しか見えず、動かないように手足を縛られている状況というのは

やはり気持ちが落ち着きません。

 

これって、自分はまだ知っている現場だからいいけど、

はじめて手術を受ける人は、本当に不安なんだろうな。

 

まな板の上の鯉って、つらいなあ。

 

普段とは違う、相手の立場になってはじめて得た感情でした。

 

 

手術は午前中には終わりました。

 

そして、痛いです。

昨日は、痛みが強くてブログを更新できませんでした。

(もともと毎日書いていませんが...)

 

痛いってこれだけストレスフルなのを、再確認しました。

痛み止めは必需品ですね。

幸い飲んでから2時間で効果が出始めたので、

夕方は病室でウトウトしていました。

*痛み止めは飲んでもすぐには効きませんので、きちんと痛みを抑えたいというのであれば、

そして痛みが出やすい状況下であれば、定期的に1日朝昼晩で内服した方がいいですよ。

「痛み止めは体に悪いから」と言って痛み止めを拒む方がいらっしゃいますが、

痛みをがまんする方が絶対に良くないと思います。

 

局所麻酔の手術だったので、夕食は普通に食べることができました。

こんな体でも、食欲はたっぷり!

入院中のダイエットを試みているのですが、お腹が空きすぎて

難しいようです。

 

痛みがつらくても、お腹は空くんですね?!