たーさんブログ

自分の人生を再構築したがっているおっさんのつぶやき

お父さんとしてやれることって何?

こんにちは。

 

本当は昨日から明日まで大阪の方に出張だったんですけど、

なにせ史上最強の台風がこっちに向かっているわけですから、

急遽今日の昼の飛行機便で帰ってきました。

 

案外、関西の方は、関東ほど今回は台風に対する警戒感はないようで、

タクシーの運転手さんに聞いても、

「こっちは逸れるみたいだから、なんとかなる」

みたいな感じでした。

ただ、こっちに戻ってきたら、結構すごいことになっていたのでびっくり。

 

近所の窓は養生テープやガムテープでべたべたに貼られているし、

窓枠にベニヤ板を打ち付けている家もありました。

夕方から打ち付けたら、家の中は暗くなってしまうのに、安全優先なのでしょうね。

 

帰ってきて早々に買い出しに行かされました。

どこもパンは売り切れ、牛乳も半分しか残っておらず。

野菜もお肉もほぼ完売。

レジの列は、初めてみるすごい長さ。

結局パンを求めて、3件スーパーをまわりました。

そして、買える途中から雨が強烈に降っていました。

(まあ、こういうときにこそ、お父さんとして、男として役に立てるのだから)

 

家族に対して、何が自分にできるのか。

大きなことであれば、お金を稼ぐとか、何か財産を残すとかになるのでしょう。

でも、そんな大きなことでなくても、家族が喜んでくれれば、そしてみんなが安全にストレスなく過ごしてくれれば、いいのかな。

「とりあえず、言いつけられたことは、笑顔でやっていこう。」

そんな風に思っています。

3週間で4kgやせた、自分の食生活

f:id:gota0620:20190424232523j:plain

(なんで、チャーハン!)

 

昨日の記事で、一番最後に「この3週間でちょっとやせた」という報告をさせていただきました。

人生一度でいいから、スマートになって、見た目健康的になるように、

そしてイタリアンスーツがビシッと体にフィットして、素敵なシルエットを描くようにやせたい。

そんな思いはずっとありました。

 

今までも、何度かダイエットに取り組みましたが、たいていそのいいタイミングで、

飲み会の連続となり、結局見事にリバウンド。

 

何度も試しては失敗の繰り返しでした。

 

断食してもダメ、

炭水化物を減らしてもチョコが大好き、

ジムも契約しても行かず、

ジョギングウェアを買ってもパジャマ代わり。

 

でもこの3週間ちょっとはうまくいっているんですよ。

(病気になって、落ち込んだせいもあるかもしれませんが)

 

この短期間で、自分の食事のルーチンが変わったのです。

 

・朝は、低糖質のギリシアヨーグルト

朝起きて、体重計に載ってすぐにシャワーを浴びます。

自分の場合、どうしても寝起きはあまり食欲がありません。そして、夜間何も食べていないので、せっかくの低血糖状態を維持したいというのもあります。

 

でも、何も食べないで仕事に行くと、午前中力が出ません。

そこで低糖質のギリシアヨーグルトを食べています。

これだと、血糖値は180mg/dlまで上がりません。

(血糖値180mg/dlを超えると、血管に負担がかかります)

 

・通勤では、無糖の缶コーヒー

甘い缶コーヒーはものすごい砂糖が入っていることはご存知の通り。

(そんなもん、飲めません)

だからって、無糖なら健康にいいのかというと、そんなことはありません。

 

でも、車で片道1時間をひたすら眠いのをがまんしながら運転するのは厳しいんです。

だから、仕方なく缶コーヒーにしています。

 

残念ながら、無糖でも少し糖分が入っているんですよね。

おまけに缶コーヒー代をがまんすれば、結構な節約になるんですけど...

むずかしい!

 

・昼は、職場のコンビニでサラダと低糖質のソーセージとゆで卵

以外にも、どんなにお腹が空いていても、このメニューで空腹が満たされるんです。

昔は、サンドイッチを3つとか、カップラーメンとか、かつ丼とか食べていましたが、

最近はそこまで食べたいと思わなくなりました。

(胃が小さくなったのかしら?)

 

ただこのメニューでも、糖質10g前後なので血糖値は上がります。

そこで血液中の糖分を薄めるために、水分はしっかり摂ります。

これもかつてはジュースがメインでしたが、今はお茶とか水とかでよくなりました。

 

・おやつは、ミックスナッツ

コンビニで値段はやや高いのですが、手に入ります。

しっかり噛んで食感を楽しみます。

これも低糖質で、栄養満点。

 

・夜は、ごはんなしでおかずだけ。

そのときもベジファーストで、野菜の食感と音を楽しみながら時間をかけて食べます。

そうすると、そのうちになぜかお腹が満たされてくるのです。

ドレッシングは、オリーブオイルと塩こしょうでアレンジしています。

(オリーブオイルはもこみち並みの量です)

 

・食後、ボーっとしていると口寂しくなるので、そのときはカカオ75%以上の

チョコを口にいれます。

その後、水分をしっかり摂取した後に、早めに歯磨きをしてしまいます。歯を磨いてしまえば、再度磨くのが面倒になるので、自動的に食べなくなります。

 

というわけで、このような生活をしていたら、少しずつ体重が減ってきました。

ただまだ3週間なので、今後どうなるか?

 

病気を防ぐためにも、みなさんも食事に気を付けましょう。

 

まずは自分が変わらないと、人生は変わらない

「自分の人生をどのように生きようか?」

こういう壮大な質問を自分自身にぶつけても、なかなか答えはでないものです。

 

「毎日をどのように過ごそうか?」

こういうスケールの小さい、身近に焦点を当てた質問の答えは、逆に小さくまとまってしまいます。

 

結局答えが出ずに、満足した日々を送ることができなかったのが、今まで。

要するに、無駄な時間を過ごし、1日の終わりに何も進歩していない自分に気づき、そして気づいたら、歳をとった自分がいるのです。

 

どんな自分になりたいのか?

「しっかりとイメージを作り上げておけば、そのように自分はだんだん近づく」

つまり、思い込みが大事、と昔も今も言われています。

 

漠然と「やせたい」なんて思っても、なかなかやせられない。

本当にやせたいのなら、より具体的なイメージを作らないとダメ。

しっかりスーパーボディになっている人は、セルフイメージがしっかりできているんです。

洗面所の鏡に、自分のぽっこりお腹を映し出し、ふくらましたりへこましたりして

腹踊りの練習をしているようでは、所詮その未来はたかが知れています。

(ため息...)

 

残った人生、一度はスマートになって、イタリアンスーツがビシッと決まるような

体型になりたい。

全身ユニクロではなく、内から外までブランドで固めても、おかしくないようなシルエットになりたい。

(憧れ満載!)

 

年老いて、醜く体型が崩れるよりも、筋肉がしっかり役目をはたして、自分の骨格を支えてくれるように、今から準備が必要なのです。

 

先日言われたらしいのです。

「〇〇ちゃんのパパって、太っているよね」

それ以来、うちの息子が言うんです。

「パパってやせないの?」

 

太っていることで、生活習慣病がプラスされます。

すでに糖尿病という立派な診断名がついているのに、さらにいろいろと加わると

今の病気だけでなく、いろんな方面から自分の体を傷めつけることになります。

 

やせることによって、病気が少しでも減っていけば、絶対にいいですよね。

 

そして、やせることによって子どもたちがパパを尊敬してくれるようになれば、息子たちのメンターにも一歩近づけるかもしれません。

 

そして、やせることで自分のセルフイメージがよくなれば、肉体的にも精神的にもハッピーなれるので、楽しい日々を過ごせるようになるに決まっています。

 

仕事がどうだとか心配するよりも、まずは自分の体を改造することから始めよう。

そう思いました。

(またまた3日坊主にならないことを祈ってください)

(ちなみに、この3週間で4kgやせました!)

 

 

たくさん本を読んで、そして見つけようと思います

病気になってから、なぜか本を毎日読むようになりました。

 

薄っぺらい人生で終わるよりも、少しでも重厚な生き方をしたいと思ったのでしょう。

今までの人生、わずかな言葉だけで修飾されてきましたが、残りの余命を表現豊富にたくさんあふれた言葉の中で過ごしたいと思ったのでしょう。

 

この数日間スキマ時間さえあれば、今まで買っただけで手にとらなかった本を片っ端から読み始めようと思いました。なかなか寝つけなかった夜も、不安いっぱいの心を本の中の言葉一つ一つが慰めてくれました。

 

過去最高のスピードでこの数日間本を読みました。

そして、今読んでいるのが、

「道をひらく」松下幸之助PHP出版)

あの松下電器産業を立ち上げた松下幸之助さんの本です。

 

自分の人生、あっち行ったりこっち行ったりして、ブレブレでした。

その原因は何か?

その一つは、「メンター」がいなかったから。

自分が生きていく上、

「この人みたいになりたい」

「こんな生き方をしたら、素敵だろうな」

というようなメンターは、今までいたでしょうか。

思い返してもいません。

(なんて悲しい)

 

自分の父親?

部活の先輩?

職場の上司?

残念ながら、違います。

(父親には悪いですが...)

「自分はこの人のような生き方をしよう」

そう思えるような出会いがなかったので、今までブレブレの人生を送り、

いまだに芯の通っていない人間になってしまっています。

 

そして、その状況での医者からの宣告!

 

こんな状態のままで自分はいいのか?

今の生き方でいいのだろうか?

自分ひとりのことだったら、そんなことはどうでもいいのかもしれません。

 

でも、自分の生き様をみて、息子たちは育っていくのです。

だから、このままではダメなのです。

 

昔、「マイ・ライフ」というマイケル・キートン主演の映画がありました。

あの映画は、今でも父親としての自分のバイブルみたいものです。

何回もみて、何回も泣きました。

(ネタバレするので、あらすじは書きませんが)

でも、みなさん、一度見てください。

 

自分にとって、これまでの人生はすごく楽しかった。

出会った人たちは、今でも好きです。

だから、今までの生き方にちては、自分は満足しています。

 

でも、これからの人生は、もちろん自分のためであるけれど

まだなったばかりの小学生となったばかりの幼稚園児のためになるような生き方を

しなければいけないと思いました。

 

そのために、今自分のメンターを探しています。

たくさん本を読んで、自分のメンターを探しています。

「こういう風に生きることができたら、どれだけ素敵だろう。」

そんな生き様を今探しています。

そして、その中から自分らしい生き方を創り出していこうと思います。

 

私は、自分が病気になったことで、一つ大事なことに気づきました。

 

 

 

人とのつながりを大切にしていこう

自分が体力的にも精神的にも弱っているときに、声をかけてもらい、

今日日曜日はメンタル的に少し落ち着いてきました。

 

最近気持ちが高ぶっているせいか、トイレでもないのに、夜中の2,3時に

目が覚めてしまいます。

そして、暗くて静かな空間の中で、自分のことについて考え始めてしまうと

なかなか寝つけません。

「もし、ほかの場所にも悪いものが見つかったらどうしよう。」

「手術までの期間に、病気がひろがってしまったらどうしよう。」

「自分の残された時間って、あとどれくらいなのか。」

「家族や好きな人のために、少しでも何かできることはないのか。」

...

質問事項を挙げたら、キリがありません。

いろんな考えが頭に浮かびます。そして、眠れません。

 

今朝も、日曜日なのに朝3時半過ぎから、なんとなく起きていました。

(すみません、朝活は最近やっていなかったのですが、朝活っぽくなっていますね。)

朝6時すぎに友人からLINEが来ました。自分がブログを書いていることがバレた唯一の知り合いです。

心配してくれて、メッセージを送ってくれました。

それを読んだ自分は、寝不足も手伝ってか、ウルウルしてしまいました。

(ほんとうに、ありがとう)

 

それからしばらくウトウトして、8時すぎに目が覚めると、うちの相方が起きていました。

いつもなら、私の方が先に起きて、皿洗いと洗濯をしたりして、その物音でみんなが起きてくるのですが、昨日に引き続き今日は自分が一番最後でした。

そして、昨日に引き続き皿洗いと洗濯という自分のルーチンワークは、すでに相方がやってくれていたんです。

 

私の体を心配してくれてやってくれたのだろうか?

(そんな野暮な質問はしないでおこう)

 

昼過ぎに両親から電話がありました。

「今日はおごるから、みんなで焼肉を食べにいきませんか?」

いつもなら、

「たまには、親孝行しなさい」

とか言いながら、こっちが財布を出すのを待っているのに、今日に限っては

自分たちからおごる宣言をするなんて。

食事の席で問いかけると、

「たくさん食べて、元気をつけないと」

(いやいや、うれしいけど。でも、これ以上太ったら、さらに病気が増えるぞ!)

両親と家族に感謝でした。

 

自分の病気が、悪いことはたしかなのです。

でもひょっとしたら、大したことないのかも、なんて思いたくもなります。

しかし、そんな気持ちでいて、万一残された時間が短くて、

その時間を無駄に過ごしてしまったら、あとでやはり後悔しっぱなしになるでしょう。

 

「自分の体を大事にする」

そして

「家族や友人とのつながりを大切にする」

この週末、仕事よりも大切なことがあるということを、再確認できました。

「残された時間は多少人よりも短くなっているのかもしれないが、

それを無駄にしないためにも、どう過ごすか考えよう。」

明日からは、そのことについてしっかり考えていこうと思います。

最悪の誕生日でした...

この歳になると、ちょっとしたことからガタガタって体調を崩してしまいます。

まあ、当たり前のことかもしれませんが。

 

ただ、気持ち的にはたとえ40代後半であったとしても、まだまだやれる気に

あふれているので、

「1日くらいしっかり寝れば大丈夫だろう」

というつもりでいたんです。

 

でも、なんかおかしいな。

一度気になると、なかなかスルーできない自分なので、

思い切って病院に行きました。

それが、自分の誕生日の日でした。

 

「ハッピーバースデー」

というLINEメッセージを受け取って、心ニヤニヤしている自分。

まさか、その後に最悪のシナリオになるとは。

 

病院で検査をして、その結果が

「悪性腫瘍」

(これって、絶対よくないやつだよな)

一応これでも医療従事者の端くれ。

カルテに記載されている専門用語も、読めばわかります。

 

目の前の医者は、

「まあ、あまりよくないものかもしれませんが、もう少し詳しい検査をしてみないと」

と言っております。

でも、そこのカルテには

「malignant(悪性)の可能性。手術を検討。」

って打ち込んであるじゃないですか?

 

恐る恐る相手の目を見ながら。聞いてみました。

「手術の可能性はあるんでしょうか?」

(いやいや、そこに書いてあるでしょう。でも、確認してみないと)

すると、医者はすかさず

「やった方がいいですよ。局所麻酔ですぐ終わりますよ。」

だって...

 

(手術で治るんなら、やった方がいいに決まっている。でも、仕事が...)

真っ先に浮かんだのが、密につまった仕事のスケジュール。

あとで、何故子どもや妻、親のことではなく、仕事のことが真っ先に浮かんだんだろうって、反省しました。

(申し訳ない!)

 

あまり詳しくブログを書いていると、だんだん気分が落ち込んできます。

 

今後、全身に悪性腫瘍が散っていないか、画像検査を追加して行うことに。

 

もし、全身のどこかに悪い細胞が広がっていたら、

・間違いなく今の仕事はやめます

・時間に制限ができるので、自分のやりたいことをやります

・でも、家族のためにお金は残さないと

いろんなことを考えてしまいます。

正直この2日間はパニックでした。

頭の中で考えがまとまりません。

 

ちょっと気が緩むと、大泣きしそうです。

 

家族には笑顔で、ぼかして報告しました。

でも心の中で謝ってばかりでした。

(こんな父親でごめんね。)

 

手術は今月か来月になりそうって言われました。

早い方がいいって言われたので、もう仕事よりも自分優先です。

(みんなに迷惑をかけてしまうなあ)

(でも、こんなときくらい自己中心的でもいいよね)

 

この2日間、あまり眠れていません。

暇さえあればネットで病気のことを調べています。

 

もう時間がないんですよね。

これから、なにをしようかな?

 

 

アラフィフの誕生日!

こんにちは。

 

誕生日を迎えるたびに、うれしいどころ、だんだん嫌な気持ちになってきます。

歳をとるということを素直に喜べなくなっている自分がいます。

 

みなさんは、いかがですか?

 

正直40代になるまでは、

「イエーイ、ハッピーバースデー」

なんて言いながら、ケーキに刺さったろうそくの火を吹き消していました。

この歳(アラフィフ)になると、そんなことをする気力もないし、

ケーキを用意してくれる人もいない。

 

そんな中でも、LINEで「ハッピーバースデー」メッセージが入ると

やっぱりうれしい。

「俺のこと、気にしている人がいる!」

傍から見ると、おじさんの寂しさ丸出しですけど、

でもそんなちょっとしたことでも、うれしいもんです。

 

今日自分のLINEにメッセージを送ってくれた人へ

「ありがとう!」

(二人しかいなかったけど...)

 

朝にメッセージをいただきました。

今日は絶対いい日になるだろうって思っていました。

 

でも、人生って残酷ですね。

こんなことが起こるなんて、しばらく前には夢にも思っていませんでした。

これから仕事頑張るぞ、新しい趣味を見つけるぞ、なんて明るい未来に向かって

希望いっぱいでした。

でも、そうではない現実が待っていたのです。

 

今日は続きを書く気力がないので、明日にしますね。

 

でも、これからはブログを書くことが大事!

そう思うようにします。というか、そう思わないといけません。

 

また明日もがんばって書きます!